Home > コーヒーメーカー > Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスのメンテナンス

Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスのメンテナンス

波動スピーカー PR-018【YU-ON】」
プロ演奏家も認めた生音のような臨場感


Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TDを使っていますが、このコーヒーメーカーは時々「パキパキ」と、おおよそコヒーメーカーから発生するとは思えない異音がするようになります。

このような異音がするようになると、水タンク内の水が熱湯となり、外部も熱くて触ることができないような状態になりますし、タンクの底に本来は水のはずの熱湯が残ってしまい、出来上がるコーヒーの量も少なくなります。

詳しい原因は不明ですが、マニュアルを参考に、

・水タンクの底にに空いている給水口(というか出水口?)の詰まりを解消するためにを先の細い竹串のようなもので清掃。

・クエン酸の溶液を最大カップ数入れて(当然コーヒーはセットしないで)通常通り使用。その後数回水だけで通常通り使用。

を行うと、元通り静かなコーヒーメーカーに戻ります。
やはり、浄水器を通した水を使用していると、水が通る経路のどこかに水垢のようなものが付着するのかも。
TIGER(タイガー)のマイコン電動ポット、2.2リットルタイプの PDK-G220WUの説明書にも、浄水器の水を使用する場合はマメに掃除するよう取扱説明書に書いてありますし、本体にも「クエン酸洗浄」と表示されています。

もし、Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスをお使いの方で同じような状態になった方はマニュアルの指示どおりの洗浄を試してみのが吉でしょう。

Home > コーヒーメーカー > Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスのメンテナンス

Search
Feeds

Page Top