Home > 冷蔵庫 電子レンジ オーブン 生活家電 キッチン家電

冷蔵庫 電子レンジ オーブン 生活家電 キッチン家電 Archive

あれれエンオクが終了してた

波動スピーカー PR-018【YU-ON】」
プロ演奏家も認めた生音のような臨場感


ひとつ前の記事「オークション(ペニーオークション)でPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-W を落札」で書いたエンオクを久しぶりに見たら、サービス終了だそうで……
まあ、似たようなサイトが乱立していたようだし、中には商品が届かなかったりする業者もいたりでネット利用者の目も厳しくなっていたでしょうし、冷静に考えたらヤフオクとそれほど変わらない価格になることも多いので、最初の物珍しさもなくなったのかも知れません。
私は他にもメリタのコーヒーメーカーを安く落札d着て、それなりのメリットは感じていたので、ちょっと残なんかも……

オークション(ペニーオークション)でPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-W を落札

波動スピーカー PR-018【YU-ON】」
プロ演奏家も認めた生音のような臨場感


我が家では冬になると鍋物をする機会が多くなります。
鍋に利用する調理器としては、カセットボンベ式のコンロ、IH調理器、LPガス、都市ガスを利用するコンロなどがあると思いますが、IH調理器以外は部屋の温度も上昇しますし、火を使う関係上換気も気になりますので、我が家ではIH調理器を利用していたのですが、前シーズンで壊れてしまいました。

今シーズンは新しいIH調理器を買うべく楽天やamazonなどを探しました。
そうすると、4000円台からあるんですねぇ。
思わずポチっとクリックしそうになったんですが、レビューを読んでいくと「価格は安いけど小さくて小型の鍋しか使えない」というものがありました。
実際の大きさを確認するために家電量販店で同じような低価格のIH調理器を見ましたら、なるほどスペックから想像するより小さいものでした。

そこで、ネットをあれこれ調べてPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31(白)に決めました。

エンオクで落札したPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-W

Panasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31は、大きさも標準的なもので1400Wという、火力が強い部類に入る製品だと思います。

ちなみに、一般的な価格は

・近くの家電量販店:11800円
・楽天最市場:9524円(送料込)
・amazon:8980円(送料込)

ですが、amazonに関しては2010年12月19日入荷予定ということで、私が落札した時点ではサイトには掲載されていませんでした。

少しでも安く入手したいと思い、オークションを利用することに決めました。
オークションといえば、ヤフオク(Yahoo Auction)が老舗で有名ですよね。
もちろん、私も何度となく利用して結構重宝しています。
そんなオークションの新顔として、最近「ペニーオークション」といわれるものがあるのをご存知でしょうか?
今回はこの「ペニーオークション」のエンオクを利用してみました。

エンオクを含むペニーオークションは、オークションではあるのですが、ヤフオク(Yahoo Auction)等のオークションが会員登録が完了すればすぐに入札でき、落札も可能なのに対してペニーオークションはその名のとおり、ペニー(硬貨)を購入する必要があるオークションです。
、ペニー(硬貨)はそれぞれのオークションサイトにより、ポイントと呼ばれていたり、コインと呼ばれていたりしますが、基本的な仕組みは同じです。

今回利用したエンオクを例にペニーオークションの仕組みと利用方法、入札の仕方などをご説明します。
先にも書きましたように、ペニーオークションで入札するには、コイン(ポイント)を購入する必要があります。
私はクレジットカードを利用しましたので、カード情報を入力するとほぼ瞬時に購入できました。

ポイントを購入したら、出品中のものから欲しい商品をクリックして入札する、この点はヤフオク(Yahoo Auction)と同じですが、1回の入札に1コイン(ポイント)を消費します。
つまり、1回入札するには1ポイントが必要ということです。
ちなみにエンオクの場合最低単位の10コイン(ポイント)購入すると、750円ですから、1コイン(ポイント)75円ということになります。

入札があると、商品によって決められた分だけ価格が上昇します。
例えば、1円と表示されている商品であれば、1回の入札で1円価格が上昇しますし、15円と表示されている商品では、15円上昇します。

入札を繰り返して、最高値を付けた参加者が落札できるのはヤフオク(Yahoo Auction)等の通常のオークションと同じですが、1回の入札価格が固定されている点が違います。
また、1回の入札に1コイン(=75円)を必要としますから、実際の落札価格は、

落札価格+入札回数×75円+送料(エンオク場合300円)

ということになります。

今回のPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-Wは結局、送料の300円込で8040円で落札できました。
結局、最大で3760円、最低でも940円安く買えたことになり、お買い得感の高い結果となりました。

どういうシステムになっているのか分かりませんが、落札してから届くまで2日程度、しかも写真のようにamazonのギフトとして届きました。
ギフトラッピングされているので、自分で落札したものなのですが、何となく得したようなプレゼントでもらったような何となくハッピーな気分になったバカな私です。

エンオクで落札したPanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-Wはamazonのギフトラッピングで届いた

結構使えると思うエンオクですが、注意する点もあります。
オークションは最終局面になるとつい熱くなりがちですよね。
エンオクのようなペニーオークションでは入札ごとにコイン(ポイント)分の価格を消費しているということを忘れないようにして下さい。
過去の落札履歴を見るときも、額面の○○円、○○百円等のびっくりするような低価格だけに目を奪われないように、その商品の1入札ごとの価格上昇幅などもチェックすることが重要なポイントとなります。

また、欲しい商品が、楽天やamazonなどの一般のネットショップやヤフオク(Yahoo Auction)ではいくらくらいの価格が付いているのかを事前にチェックしておくことも重要なポイントの一つだと思います。
というのも、最終局面で熱くなって落札はできたものの、同じ商品がamazonでは送料込みで同じ価格だったとか、もっと安かったということがあるかも知れないからです。
実際私が入札を検討していた商品では、ヤフオク(Yahoo Auction)の価格と殆ど同じだったものもあります。

その点、いまエンオクでは、今なら無料会員登録でコイン20枚ゲット!『エンオク』というキャンペーンを実施中ですから、とりあえず20枚のコインを手に入れて、実際にどのような仕組みになっているかを試してみるのがお勧めです。
運良く落札できればかなりのお買い得感があると思います。
もちろん、私も最初はこのキャンペーンを利用しました。
残念ながら勘の働かない私は仕組みを今ひとつ理解できないままに使いきってしまいました。

コツはヤフオク(Yahoo Auction)などと同じで、最後の数秒に賭ける、というところに行きつくような気がします。

ちなみに、エンオクではコインを必要としない、つまり会員登録さえしていれば入札できる「フリー」と表示された商品も出品されています。
今回のanasonic(パナソニック)の IH調理器 KZ-PH31-Wは、このフリーで出品されていたものです。

冷蔵庫GR-1ZVのその後

波動スピーカー PR-018【YU-ON】」
プロ演奏家も認めた生音のような臨場感


冷蔵庫GR-1ZVのその後

ヤマダ電機で冷蔵庫GR-1ZVを買って3週間、早いものです。
やっぱり家電というのは使ってみていろいろ分かることがあるものです。

まず、2段目の右側は冷凍庫になっていますが、先日開けようと引っ張っても抵抗があってすぐに飽きませんでした。
殆ど空ので、何かが引っかかっているということはないはず。
それで、周囲をあれこれ見てみると、なんと、冷凍庫の右側奥に氷がついています。

ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの冷凍室についた氷

へぇ~、今どきの冷蔵庫はこの辺うまく対処されているのかと思ったら、やっぱり昔と同じでこんなところに氷ができてしまうんですねぇ。
ちょっと驚きました。
左の製氷室もよく見てみると同じような場所が凍っていますが、たいした量ではありません。

そうこうして眺めているうちに気がつきましたが、この左右に別れた製氷室と冷凍庫の引き出しの前部分。
閉じた時の面が一致していないような。
普通この辺は同じ面になると思うんですけど。
細かいことを気にしすぎでしょうか?

ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの製氷室と冷凍室のドアの面

そういえば、この製氷室。
一段上の冷蔵室のタンクに水を入れて奥と自動的に氷ができるという仕組み。
いずれどこか、水の経路などが壊れてしまうのではないかという思いがあって、買う前はどうもこういうのは好きではなかったのですが、使ってみると非常に便利なものでした。
我が家では、チューハイや焼酎の類は飲まないし、ラムはストレートだし、飲み物に氷を入れるということがないのですが、発泡酒やビール、ワインを冷やすのに毎日氷が必要です。

今までは製氷皿と格闘して氷をひねり出していたのですが、これなら非常に簡単便利です。
しかも、タンクに水さえ入れておけば朝には、下の写真くらいたくさんの氷が出来ているので、夏でも氷作りに追われるということが無くなりそうです。

ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの製氷室にはいつもこれくらいの氷ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの冷蔵室の氷用水タンク

ワインがらみでは、冷蔵室の仕切り棚の使い勝手が今ひとつ。
あ、でもこれは我が家に限ったことでしょう、多分。
急な来客にも重宝するし、普段飲み用にも便利なので我が家ではボックスワインを常備しています。
ところがこの3リットル箱が結構場所を取ります。
立てていることができれば横のスペースを有効に使えますが、立ててしまうと入らないので横にして入れています。
そうすると、横幅を無用にとってしまうのが残念。

ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの冷蔵室にフランジアのボックスワイン

この棚は実はスライド式で、奥に半分ほど押し込むことができます。
しかし、それでもこのでかい箱を収納することはできないので、結局このような置き方になっている訳ですが、もし、この棚が半分だけ奥方向と右方向にスライドできたらちゃんと立て入れることができ、デッドスペースもできない気がします。

これは我が家の特殊な事情なので一般に需要があるとは思えませんが、技術的には可能な気がしますので、気が向いたらそういう構造の棚も作ってみて下さい。
って、誰にお願いしているのやら。

使い勝手という面では、取っ手が持って開けるのはちょっと幅広めです。
各種インジケーター兼スイッチがあるのでしょうがいないのかもしれませんが、ついドアの端に手をかけて開けてしまいます。
それから、この部分がメッキ風なプラスチックなんですが、このように指紋というかヨゴレが目立ちます。
マットな素材だと目立たないと思うのですが、目立った方がいつもキレイにするようになるので、そのため?
だとしたら、中々読みの深い構造です。

ヤマダ電機と東芝のコラボ冷蔵庫GR-1Zの取っ手は指紋や汚れが目立ちやすい

気になることばかり書きましたが、ヤマダ電機と東芝のコラボGR-1ZVは、動作音が真夜中でも殆ど気にならないくらい静かだし、価格と408リットルという容量を考えると、かなりお買い得感のある冷蔵庫だと思います。

Home > 冷蔵庫 電子レンジ オーブン 生活家電 キッチン家電

Search
Feeds

Page Top