Home > ZEPEAL ゼピール サーキュレーター DKW-20A

ZEPEAL ゼピール サーキュレーター DKW-20A Archive

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20A

波動スピーカー PR-018【YU-ON】」
プロ演奏家も認めた生音のような臨場感


我が家の毎年冬の暖房は石油ファンヒーターとエアコンです。
早く十分な温度まで温まる石油ファンヒーターの利用頻度が高い傾向にあります。
どちらを使用していても、ソファに座っている時、パソコンの前に座っている時も何となく足元が寒い感じが残ります。
一方立ち上がると、頭上は暖かいということを毎年経験していて、やはりサーキュレーターが有効なのか、と思いつつ、たまたま手元にあった小型の扇風機を使ってみたりもしました。

ところが、扇風機はやっぱり扇風機なわけで、殆ど上を向かない。
それで壁にもたせかけて無理やり上に向けると、気がづけば倒れている、ということがあり、今年こそは……と思っていたらamazonのタイムセールでZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aが安くなっていたので、購入しました。

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20A

購入価格は1980円でした。(この記事を書いている時点では3240円で販売されています。)
大まかな印象として、首振り機能がないサーキュレーターは概ね2000円~、首振り機能のあるサーキュレーターは3000円弱~というイメージがありますので、かなり安価に購入できたと思います。

ZEPEAL(ゼピール)というのは聞き慣れないブランドですが、大阪にある株式会社電響 社という会社が展開しているオリジナル商品のブランドのようです。

届いたZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aを箱から出してみると、本体が入ったビニール袋の口がそのまま縛ってありました。

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの入っていた袋

今まで購入した家電は大抵そのまま折り曲げてあるか、テープで止めてあるものが殆どで、家庭で季節家電を閉まっておくときのように縛ってあるのは初めて見たような気がします。

早速使ってみると、さすがサキュレーター、送風部分は上下方向に5段階と幅広く調節でき、真上にまで向けることができます。

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aは5段階に調節できる

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの操作パネルはシンプルで、押しボタン式の風量切替とシーソースイッチの首振りのオン・オフスイッチです。
それぞれのスイッチは遊びや頼りなさはなく、カチッとした操作感で、それほど頻繁に操作するものでもないと思うので耐久性にも問題はなさそうです。

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの操作パネル

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの動作音ですが、製品の個体差があるのか個人的な感覚によるものか分かりませんが、首振りで音がする等というユーザーレビュー・口コミも見受けられます。
実際に寝室でエアコン暖房しながら就寝時に「中」の風量「首振り」の設定にして使用しましたが、ファンの風切音は殆ど気にならず、首振りの音も全く発生しませんでした。

ただ、一般的な扇風機もそうですが、長期間の使用により羽にホコリが付いたり、首振りで回転する部分にぼこりが溜まったり、あるいは経年変化による部品の劣化などの原因が重なり異音が発生しやすくなるということは十分考えれます。
それが2シーズン目からなのかそれ以上のシーズン経ってからなのかは、それこそ個体差、当たり外れということなのかもしれません。

実際ホコリに関しては、ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの本体写真撮影の時に気づいたのですが、まだ一月くらいの使用期間にもかかわらず、送風部分の付け根、ちょうど回転軸のあたりには空気の吸い込みに伴うのでしょうか、結構ホコリが溜まっていました。
ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aは送風に伴う動作音、回転に伴う異音の発生を防ぐためには意外とこまめな手入れが必要なのかもしれないと感じました。

ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aは。普段コンピューターを使っているリビングでの使用では、予め暖房時に熱がこもる場所を調べてフロアーに置いたサーキュレーターを熱のこもっている場所に向けて首振り機能をオンにして送風しています。
その結果、熱のこもる場所は明らかに温度が下がった感じがあり、足元のスースーした感じはなくなりました。
色々ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aの角度を変えながら試して掴んだ使用上のコツとしては、余り角度を低くするとサーキュレーターの風の一部が直接あたってかえって寒い、ということです。
真上から一段下くらいの角度がちょうどいい感じです。

寝室では、ZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aをエアコンの反対側のフロアに置いて、やはり高めの角度で使用するのがちょうどいいようで、元々アツアツの部屋にするつもりはなく朝起きた時にちょっと寒いくらいでいいくらいの16度設定にして使用していますが、狙ったとおり朝起きてベッドから出ても足元がスースーということはなく、以前はベッドの中でゴロゴロして中々起き上がれなかったのがパッと起きても問題ないくらいになりました。

あれこれ迷って、無謀な試みを経て、やっと買ったZEPEALのサーキュレーター DKW-20Aですが、私の場合は大正解でした。

Home > ZEPEAL ゼピール サーキュレーター DKW-20A

Search
Feeds

Page Top